ちまたきブログ

義務教育を不登校で過ごしてきたHSPの私が、少しずつ、ゆっくりと生きていくブログ

おばあちゃんが考えたコロナウイルス対策が斬新だった。

f:id:chima_taki:20210226141617p:plain

 

私のおばあちゃんは 、少し変わっています。

以前、もったいないおばけの話をしました。

chima-taki.hatenablog.com

 

変わっているといっても、変人というわけではないのですが、とにかく行動、言動が面白いんです。

そういう考え方もあるんだって、勉強になります。

 

今回は、おばあちゃんから見たコロナウイルスのお話です。

 

 

 

簡単なおばあちゃんの紹介

おばあちゃんは私と一緒には暮らしていません。

地方で一人暮らしをしています。

 

地方で暮らしているので、そこまでコロナが流行っている地域ではないのと、一人暮らしのため、テレビと新聞が情報源のようです。

 

好奇心旺盛な80代です。

身内には思ったことを正直に言い放ちます。かっこいい。

 

おばあちゃんから見たコロナウイルスのイメージ

たぶん、あんまり詳しく理解はできてないと思います。

実際に周りの人でコロナになった人はいないだろうし、現実味がないんだと思います。

 

ただ、都内では流行っているし、外を出歩くときはみんなマスクしてるし、大変なウイルスだとは思っていると思います。

 

 

おばあちゃん流の予防方法

今まで、手洗いうがいさえも習慣化していなかったおばあちゃん。

それでいて、インフルエンザとか、風邪はめったにひかなかったので、どういった予防をすればいいかわからず、よく電話で相談されました。

 

そこで放たれた一言。

 

「とりあえず、口に手突っ込まなきゃいいのよね?」

 

 

!?

 

口に手を突っ込む状況は、どんな状況でしょうか(笑)

 

口を触るという表現はよくあるし、実際にやってしまう行動ですが、

口に手を突っ込むことってあります?(笑)

 

そして、ウイルスは口からしか感染しないと思っていたようでした。

 

もちろん、目からも鼻からも感染します。

 

だから、あまり顔には触らないようにして、帰ったら手洗いうがいをきちんとしてね。と言いました。

 

 

感染対策の素朴な疑問

私は都内に住んでないとは言っても、コロナの感染者が少ないわけではありません。

おばあちゃんからすれば、なおさら多く感じると思います。

 

そんなおばあちゃんの素朴な疑問。

 

「手を洗ってもさ、服とか髪にウイルスついてないの?それはどうするの?」

 

そりゃついてるかもしれないよ。どうしようもないよ。

 

いや、もちろん帰ってきたら全部洗濯して、お風呂入ってってすればいいんでしょうけど、そんなのきりがない。

 

だってさ、コートとか、毎回クリーニングに出すの?

鞄とか財布とかどうすればいいわけ?

 

玄関に、アルコールシャワーみたいのつけたいなって思う。

 

「テレビで、買ったものすべて消毒するといいって言ってたけどやってるの?」

 

いいんだろうけど、そんなめんどくさいことやっとらん。

 

良いのはわかってる。百も承知。

毎回毎回やってたらめんどくさいし、そもそもアルコールすぐなくなっちゃうし、私はたぶん続けられない。

きっと、やっている家庭もあると思います。

ただ、そこまでやっちゃうと、ほかもやりたくなるというか、ほんとにきりがないですよね。

 

でも、やるに越したことはないんだろうなあ。

 

 

まとめ

おばあちゃんから見たコロナウイルス、いかがでしたか?

 

口に手を突っ込まなければコロナにならないと思うおばあちゃん、強いなあ(笑)

 

まだまだ収束しそうにないコロナウイルスですが、感染対策をばっちりして、元気に過ごしたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

またね!