ちまたきブログ

義務教育を不登校で過ごしてきたHSPの私が、少しずつ、ゆっくりと生きていくブログ

不登校でも、大人でも。家に代わる居場所は見つけていたほうがいい。

 

 

 

こんにちは。

 

コロナウイルスによって、家にいる時間がいつもより増えている日々ですね。

不登校の子供も多くなっているとか。

 

私は、不登校になることは全然ありだと思っている人です。

 

ただ、家にだけ引きこもってしまうのは、ちょっともったいないかな、と思います。

 

今回は、私の体験談も含めて、家以外にも自分の居場所を作ることをお勧めしていこうと思います。

 

居場所があるだけで気持ちが楽になりますし、何よりも世界が広がるのでお勧めです。

 

お気に入りの場所は、意外と近くにあります。

これが好きだから、家の近くだから、きっかけはなんでも大丈夫です。

 

自分に合った、過ごしやすい居場所を見つけていきましょう!

 

 

 

 

居場所って、なぜ必要?

f:id:chima_taki:20210227125218p:plain

 


家に自分の部屋があって、一人に慣れる空間があるのなら、それでいいじゃないか。

そう思っている人、多いんじゃないでしょうか。

 

でも、家っていうのは、一人暮らしでない限り誰かとの共同生活になります。

 

そうなると、喧嘩したりすることがあるんです。

大体は親とですかね。

 

これって、どんなに気を付けていても、しょうがないことだと思うんですよ。

というか、気を付けてたら疲れちゃうから今すぐにでもやめよう!

 

親と喧嘩したとき

親と喧嘩してしまうと、顔を合わせるのも気まずいし、この場所にいたくない!

そんな風に思うことがあるかもしれません。

 

そんな時、どこにも居場所がないと部屋に引きこもるだけの生活しかできなくなります。

 

もちろん、喧嘩してたって、気にせずに無視して過ごしていればいいやっていう強いハートの持ち主は全然それで構いません。

 

でも、大体の方は気まずいですよね?

 

逃げ場のような、そんな居場所を作っておくと、別の場所で気持ちを落ち着かせることができます。

 

悩んだとき・気分転換したいとき

何もする気が起きなかったり、同じ場所にずっといると気持ちが滅入っちゃうことありませんか?

 

そういったときは、その場所から出ることが一番大切だと思います。

そして、体を少しでも動かすこと。

 

家にいると、どうしてもじっとしていることが多くなって、物事を悪いほうに考えがちになってしまいます。

 

一歩外に出て空気を吸うだけで、気分転換ができて心がリフレッシュされますよ。

 

 

何もかも嫌になって逃げたいとき

誰しも、逃げたくなる時ってあると思います。

 

そんな時は、逃げたっていいんです。逃げましょう!

 

どこに?

ってならないように、逃げる場所が一つはあるといいですよね。

 

 

 

おすすめの居場所(無料)

ここからは、おすすめの居場所を私の今までの経験からご紹介したいと思います。

まずは、お金がかからない居場所です。

 

 

親戚の家

f:id:chima_taki:20210227125358p:plain


おばあちゃんやおじいちゃんの家、いとこの家などです。

 

これは、仲がいいことに加えて、自分の家の近くにあることが条件になってしまうかと思います。

 

ですが、個人的には一番いいかなと思います。

 

なぜなら、身内なので自分のことをよくわかっているし、親も子供を安心して預けられるからです。

 

何より、泊まることだって可能です。

自分とは違う生活を送ることはとても新鮮です。

 

私も小学生のころ、家から遠く離れたおばあちゃんの家で一ヶ月ほど過ごしたことがあります。

食べるものも、洗濯や掃除の仕方も、何もかもが違う生活で、とても勉強になったのを覚えています。

 

 

図書館

f:id:chima_taki:20210227125444p:plain


図書館は、いくらでも居れます。

だって、本がたくさんありますから、時間を持て余すことはありません。

 

ただ、本を読むのが苦手な場合にはお勧めできません。

 

図書館でやることと言ったら、勉強するか、本を読むか、ぼーっとするくらいしかないですからね(笑)

 

苦痛になっては居場所とは言えないのでやめましょう。

 

本の力はすごいです。

たくさん読んでいると、いつの間にかいろんな力が身に付きます。

 

読解力、文章力、漢字だってわかるようになるし、知識も増えます。

いくら読んだって、損はありません。

 

 

お気に入りの公園

f:id:chima_taki:20210227125506p:plain


必ず家の近くには一つや二つ、公園があると思います。

 

家の近くじゃなくても、少し歩いたりして、お気に入りの公園を見つけてみるのはいかがでしょうか?

 

公園のベンチで本を読むのもよし。

ゲームするのもよし。

お弁当と水筒をもってピクニック気分を味わうのもよし。

 

いろんな過ごし方ができます。

 

私は動物が大好きなので、野良猫を探したり、野鳥を探したり、散歩している犬を見て過ごしていました。

 

そして、意外と公園は毎回同じ人がいたりします。

そんな人と仲良くなれるかもしれません。

 

おすすめの居場所(有料)

ここからは、お金はかかるけど、自分に合った居場所を見つけられるんじゃないかと思います。

 

動物園・美術館・博物館

動物が好きなら動物園。

絵画が好きなら美術館。

科学が好きなら博物館。

 

自分の興味があるところに通うのがおすすめです。

 

国立だったり、市立だったら、入場料も少し安いです。

全国いろんなところをめぐるのもいいですよね。

 

ただ、小学生や中学生が一人で行くのにはお金もかかるし、家から近いとも限らないし、おすすめしてもいいのかどうなのか…。

 

でも、勉強にもなるし知識も増えるので小さい頃にたくさん行っていると博士になれちゃいます。

 

フリースクール

f:id:chima_taki:20210227125530p:plain


これは、不登校の子におすすめです。

フリースクールには本当に様々なタイプがあります。

 

  • 学校のように時間割があるところ
  • 自分の好きなように過ごせる、居場所だけを提供してくれるところ

 

時間割があるようなところは、場所によっては学校と連携して出席扱いしてくれるところもあります。

 

何よりも、自分と同年代の子と友達になれるところが最大のメリットだと思います。

 

なかなか学校以外で友達を作るのは難しいですし、勉強も教えてもらえるので、将来学校復帰したい子にもおすすめです。

 

居場所だけを提供して、見守ってくれるところは、何をしても自由です。

お昼からきて、さらに昼寝したっていいし、ずっとゲームをしててもいいんです。

 

本当に居場所だけを提供してくれて、好きなことをとことん突き詰めたい人におすすめです。

 

 

私はこのような両方のタイプのフリースクールに通ったことがありますが、勉強も教えてほしかったし、高校にも行きたいと思っていたので時間割のあるほうが自分には合っていました。

 

 

ただ、フリースクールの最大のデメリットは、親が関わらなければいけないということです。

 

フリースクールは無料というところはほとんどないと思います。

そして、大体が月額制という印象があります。

 

子供を預かる場所ということで、親の了承を得なくてはいけません。

なので、子供が一人で行きたいと思っても、すぐには行けないんです。

 

でも、学校の代わりの居場所が欲しいという方には、本当にお勧めしたいです。

お父さんお母さんとよく話し合ってみてくださいね!

 

 

 

居場所があると世界が広がる

言葉の通り、世界が広がります。ほんとです。

 

少し外に出るだけで、たとえ会話しなくても人とかかわることになります。

当たり前ですが、家にいるだけではできない体験がたくさんできます。

 

公園でぼーっとしているだけだとしても、人々の動きや、鳥の鳴き声、風の音など、感じられることがたくさんあるんです。

 

毎日行けば、同じように毎日来ている人と仲良くなれるかもしれない。

そうやって自然とつながりができていくんだと思います。

 

私は世界が広がると、考え方も変わって人生が豊かになると思っています。

 

 

まとめ

お気に入りの居場所は、意外と近くにあるものです。

まずは、家から一歩外に出てみましょう。

 

自分の好きなジャンルから、家の近くから、きっかけはなんでも大丈夫です。

過ごしてみて、居心地がいい場所を選びましょう。

 

みなさんの素敵な居場所を見つけるお手伝いができたなら、うれしいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
またね!