ちまたきブログ

義務教育を不登校で過ごしてきたHSPの私が、少しずつ、ゆっくりと生きていくブログ

【衝撃】この1年を振り返ったら、1年のうち半年を寝て過ごしている事実が判明した。

お題「#この1年の変化」

 

コロナウイルスが流行ったこの1年。

私にとっては最後の学生生活でした。

 

とはいっても、通信制の大学なのでもともとがオンライン。

授業のスタイルは全くもって変わらず、影響しませんでした。

 

では、何が変わったのか。

それは私の睡眠時間です。

 

どんな風になったかというと、1日12時間くらい寝ていたんです。

 

これがどのくらいやばいかっていうと、

1日の半分は寝ている。つまり、1年の半分は寝て過ごしている。

このくらいやばいんです。言葉にすると、なおやばい。

 

 

 

どうしてこうなったのか

もともと、睡眠時間は多いほうでした。

さいころから夜更かしはしないし、8時間は寝ないと耐えられませんでした。

 

でも、大人になるにつれ、学校もあるしずっと寝ているわけにはいかなくなり、一般的な人よりたくさん寝るねっていうくらいでした。

 

しかし、コロナウイルスのおかげで

  • 出かけられない。
  • 友達にも会えない。
  • アルバイトも休みになりました。
  • 大学は通信制なので、好きな時に課題をやればいい。

 

するとどうなるか。

 

寝てしまうんですね~!

 

原因は目覚ましをかけないからなんですが。

 

 

不規則な生活ではない

ここ重要です。

勘違いしないでもらいたいのが、不規則な生活をしているわけではないってことです。

 

夜更かしはしていません。

でも、朝早くも起きません。

 

だって、12時間寝てるんですから。

 

23時に寝たら11時に起きる。

21時に寝たって、起きるのは9時です。

 

昼夜逆転してないはずなのに。おかしいなあ?

 

 

 

人との予定は、とても大事

今回このコロナウイルスで自粛をして思ったのは、人との予定はとても大事なんだと思いました。

 

学校でも、仕事でも、友達と遊ぶのでも。

 

自分や家族だけの世界になってしまうと、相手が身内だから怠けてしまう。

誰にも見られてないし、テキトーでいっか!ってやつですね。

 

とはいえ、コロナで頻繁に出かけるわけにもいかないし、誰かに合うわけにもいかないし。

 

自分を奮い立たせて頑張るしかないですね。

 

 

たくさん寝ると、集中力はアップする

たくさん寝ることはデメリットにしか聞こえないかもしれません。

でも、私の場合たくさん寝るといいことがあります。

 

それは、少ししか寝ていない時に比べて、圧倒的に集中力がアップします。

 

起きている時間が12時間しかないわけですから、はたから見たら少ないと感じるかもしれません。

ですが、私にとっては集中して取り組めるので濃い12時間なわけです。

 

睡眠時間が短いと、眠たくてやる気が起きません。

なので、もしかしたら私にはこの生活が向いているのかもしれませんね。

 

 

まとめ

自分に合った睡眠時間は人それぞれ。

 

一年のうち半分も寝ていると思うともったいない気もしますが、残りの半分が充実しているのであればいいと思います。

 

コロナウイルスの自粛から丸一年。

自分の生活スタイルを見直すことができた一年でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

またね!